ZIP大宮のブログ

8月 2017

そうだ!!長野に行こう!!

皆さん、こんにちは!!渡辺です^^

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが28日、29日と会社全体で社員旅行に行ってまいりました^^

長野は河野コーチの地元(野沢温泉村)ですが、私は行ったことが無かったので今回が初上陸でした!!

↑渡辺の席は最後列、隣は池田コーチ…

↑濃い目のハイボールを「水のようだ」と飲む相原コーチ!!

↑途中のPAでソフトクリームを買ってご満悦の峯コーチ(笑)

 

大宮から町田経由でバスに揺られること7時間…まず、向かったのは長野県木曽郡南木曽町の妻籠宿というところです^^

↑優大過ぎる自然!!トトロが出てきそう(^^♪

↑そんな大自然の中、超絶バス酔いをして生気を失ってしまった峯コーチ…

 

ここは、経済成長に伴い全国の伝統的な町並みが姿を消してゆく中、いち早く地域を挙げて景観保全活動に取り組んだことが評価され、1976年に国の重要伝統的建造物群保存地区の最初の選定地の一つに選ばれた場所です!!

↑その中の御食事処「音吉」というお店で昼食をいただきました!!

↑おなかペコペコの仲良し3人♪

 

次にバスに揺られること40分、宿泊先の「湯本ホテル阿智川」に到着しました…

↑「湯本ホテル阿智川」

 

そこでまず、このホテルの所在地である阿智村の村興し「天空の楽園」についての講演を聞きました!!

↑講演会の様子…

阿智村は環境省が実施する「全国星空継続観察(スターウォッチングネットワーク)」において、平成18年度第1位に選ばれた、日本で最も星が輝いて見える場所で、地域一丸となって築き上げた星空遊覧では、町の光さえも届かない不思議な空間を体験できるとの事です!!

 

講演後、ホテルの大広間で夕食、司会進行は渡辺と宮下コーチでした(>_<)!!

↑渡辺と宮下コーチの写真はありませんでした…(泣)

 

そして、いよいよ今晩のメインイベント、日本一の星空を観に行く「天空の楽園ナイトツアー」です!!

↑全長2,500m、高低差600m、所要時間約15分のロープウェイで標高1,400m地点まで登ります…

↑標高1,400m地点に到着!!

↑広場には沢山の人々が!!

 

そして、カウントダウンと共に周りの照明が一斉に消灯!!

地上の灯りが届かない山の上で楽しむ星空は、まさに手を伸ばせば届きそうなほどで、「天空の楽園」の名にふさわしく、ゆったりと夜空と星々の物語に浸ることができる…はずが…この日は「生憎の薄曇り!!!!」

星は明るい「月」と夏の大三角である「はくちょう座  デネブ」「わし座 アルタイル」「こと座 ベガ」 の4つの星しか見えませんでした…(´;ω;`)

↑一応、三日月です…一番ズームしてます…これがスマホの性能の限界です…

 

しかし、晴れていればとても綺麗に見えると思ったので、またいつかリベンジに行きたいと思っています\(^o^)/!!

 

2日目も書きたい所ですが、とても長くなってしまうので明日の峯コーチにバトンタッチしたいと思います^^

明日の峯コーチのブログにご期待ください!!!!

渡辺一樹

涙の復活!!

こんにちは、小山内です!!

昨日、28日から開幕した全米オープン(USオープン)

そして、その女子シングルス1回戦に登場した

元世界ランキング1位   マリア・シャラポワ(ロシア)選手は、現在世界ランキング2位  シモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦し

6-4/4-6/6-3とフルセットで勝利し、4大大会復帰戦を勝利で飾りました!!

シャラポワ選手は、2016年に禁止薬物による出場停止処分受けた為、3年ぶりとなる全米オープン(USオープン)出場となりました!!

ワイルドカード(主催者推薦)ながら、実力者であるハレプを破る、大番狂わせを演じ

「ロシアの妖精」が涙の復活をしました!!

今後の活躍に注目しましょう!!^ ^

試合の秋まもなく

こんにちは、長橋です。

9月に川崎市民大会ベテラン45歳以上に出場します。

モチロンドキドキもしますが、ワクワクもします。

8ゲームで苦しくなった時も走れるように、ランニング積みましたが、

相手も絶対積んでる~(笑)。

勝負にこだわりながら、自分のテニスがどの位通用するか、

いざチャレンジです!

 

また、9月上旬から東京実業団リーグ、8部の試合も始まります。

昇格するに連れ、段々と相手が強くなってきますが、

ジップも強くなってる!

望むところダ~!!!

こちらは相手や日程が決まり次第また、ご報告します。

 

研郎の『テニスについて涼しく語るでござ~る Vol.9 ダブルス戦術 上級編🎾』

皆さん、こんにちは。研郎です😊

 

 

 

 

第9回目の今日は『ダブルス戦術・上級編』と題し、ダブルス大会出場にある程度慣れた方が、試合で更に勝ち抜く為の『より実践的な内容』に特化してお伝え致します☝️

 

 

【ダブルス戦術上級編 其の弌 🎾】

 

《パートナーのサーブが入ったら前衛は必ず動くべし》

 

ダブルスのレベルが上がれば上がる程、お互いの『読み・予測』が大切になります。言葉を換えると『如何に相手を騙すか』が勝敗を分るポイントになります☝️
それが顕著に現れるのが、『相手のリターンに対する前衛の動き』で、3つの動きを覚えましょう!
① 相手リターナーが打球する直前に動いてポーチボレーに出る!
② 相手リターナーが打球する直前にポーチに出るフェイントを入れてストレートのリターンを待つ!
③ 相手リターナーが打球する直前にストレートをカバーするフェイントを入れてポーチに出る!

 

 

強いダブルスペアは前衛のポイント獲得率が非常に高いです。また、動かない前衛は居ないも同然です! ①〜③の動きで相手リターナーを惑わしましょう😊

 

 

 

【ダブルス戦術上級編 其の弍 🎾】

 

《ロブを有効に使うべし》

 

シングルスと違いダブルスの場合、相手が二人共ネットに詰めた際にパッシングショット(ボレーに対して打つストローク)を打つスペースはとても狭くなります。そこで有効なショットは空中を使った『ロブ』です。アウトドアコートは特に有効で、その理由として、太陽が目に入る・風等の影響でスマッシュが難しい事が挙げられます。

 

そして、相手ペアがロブのケアを意識すると大抵の場合、二人ともポジションが下がり気味になり、そこで有効なパッシングショットを打つ事が出来れば、相手は為す術が無くなります。

 

是非、普段の練習でロブのコントロールを磨きましょう!

 

 

 

【ダブルス戦術上級編 其の参🎾】

 

《ネットに居て相手のボールが沈んで来た際は、ストレートボレーを使うべし》

 

其の弌でレベルが上がるにつれて『予測・読み』が大切とお伝えしましたが、付け加えると『セオリーの裏を突くプレー』が必要になります。
ネットプレーのセオリーとして、『浮いたボールはストレートに(決める)、沈んだボールはクロスに返球する事(繋ぐ)』があります。しかし、相手のレベルが上がった際にそればかりだと通用しません・・・。

 

それを痛感した出来事として、私が大学2年生の時、当時早稲田大学の学生ダブルスチャンピオンと対戦する機会がありましたが、相手の沈んだボールをクロスにボレーで返球すると、ことごとくポーチボレーに出られた事がありました。試合が終わって対戦相手にアドバイスを求めると、後衛がボールを沈めて前衛がポーチに出るサインプレーをしていたとの事でした。また、『君のラケット面の向きを見てポーチに出るか否か判断している』と聞き、とても印象に残りました。

 

それ以来、レベルの高い相手に対して『如何にセオリーの裏を突くか』を実践した事は言うまでもありません。

 

ただ、沈んだボールをストレートにボレーする事は難しく、反復練習が欠かせません!

 

 

 

 

以上、3つの戦術をご紹介しましたが、ご自身に合う事があれば取り入れて頂けると幸いです😊
また、ダブルス実践力を高める機会は『ダブルスの試合』以外に無いと思っています。

兎に角試合に沢山出場し、様々な相手と対戦し、自分達のプレーの幅や引出しを増やしていって欲しいと思います❗️

 

 

 

来週はシングルス戦術をご紹介したいと思います🔥

 

 

 

それでは、皆さん
Have  a  nice  day ✨

9月からYONEX祭りじゃ~~・・・ι(´Д`υ)アツィー

皆様~~!1週間のご無沙汰でした。金曜日のブログ男じぇ~~~ムス相原デス。

焼きまんじゅう食べたい~~~

本日は、晴れ間もありますが曇りで、気温と湿度がすげー高いデスね~

が、しか~~し!ZIP大宮校の中は快適です。冷房が気持ち良い・・・

皆様、まぶしい日差しもなく、気持ちの良い汗をかいておられます。

まだお越しでないお客様。御気軽にお越し下さい。スタッフ一同お待ちしております。

さて、今週は・・・

9月2日(土)より始まるヨネックスセールのお知らせです。

まずは新商品のお知らせです。

EZONE100

ヨネックスは、四隅を広げたアイソメトリック形状でシリーズ最大のスウィートエリアと、高弾性カーボン「HYPER-MG(ハイパーエムジー)」による高反発で、フレームトップ部でも威力あるショットを可能にするテニスラケット新『EZONE (イーゾーン)』シリーズを2017年9月上旬より発売いたします。

現在世界のトッププレイヤーのテニスはベースライン内側から速いテンポでウィナーを狙うスタイルに変化し続けており、選手はフレームのトップ部によりパワーを求めています。そこで新「EZONE」は、トップ部のパワーアップに着手。アイソメトリック形状をさらに追求し、ストリング可動域を最大で約5%向上させることに成功。また高弾性カーボン「HYPER-MG」を搭載する事により、フレームトップ部の剛性を5%向上させ、しなりを抑え反発性能をアップ。トップ部のパワー増大と瞬時の球持ちを実現しました。

ラインナップは、競技者向けの98・100インチ(ラケット面の大きさ)から、女性や初心者でもご愛用いただける軽量モデルのライトとフィール、そして6~11歳のジュニア向けまで、幅広い層に向けご用意しています。

YONEX HPより

 

前回のEZONEとの違いは高弾性カーボンを搭載したことにあります。

比較数値デス。

 

グリップの下には3層に重ねた硬度の違う制振素材をグリップ内部に搭載し、振動をカット。

実際に私が試打した感じは、ボールスピードが確実に上がります。振動がきません。先端に当たった場合の振動が感じられないデス。

次のNEWモデルがこれです。

 

 

ASTREL 105

ASTREL 115

 

フレーム4隅のサイドグロメットを肉厚にする事でストリング有効長を伸長。また、フレームサイドの厚みを部分的に増すことで、フレーム全体の剛性を均一化。スウィートエリア全体の反発性が向上。

3つの振動衝撃吸収素材を搭載する事で、不快な振動衝撃をカット。

実際に試打した感想は、とにかく回転がかかります。大きいので。軽いラケットなのに振動がありません。

はっきり言えることは、テニスのランクが1つ上がった気分です。

今までボールを返せずに悔しい思いをされている方・・・・・ボールが返ります。

 9月2日(土)には試打できますので、お楽しみにしてください。

その他、シューズ・小物・ウェア・バッグなどございます。

わからないことは、相原・峯崎まで何なりと聞いてください。

お値段はお楽しみに・・・・・

 9月3日(日)は19:00~ヨネックスいべんとです。

残念ながら定員はいっぱいになってしまいましたが、レッスン中お気軽に試打して見てください。

在庫の確認も致します。フロントにお気軽におたずねください。

 

 

それではまた来週まで暑い日が続きますが「レッツビ~~ぽじてぃぶぅ~~」

明日は研郎ヘッドゥ~~。