ZIP大宮のブログ

テニス上達のススメ Part Ⅵ(マナー編) ????

2017年3月4日[研郎コーチ]

皆さん、こんにちは。研郎です????

 

 

 

image

先週の土曜日に投稿させて頂いたBlogで“テニスのルール”について解説致しましたが、本日は試合における“テニスのマナー”について触れてみたいと思います。

 

 

 

image

テニスのルールはITF(国際テニス連盟)が定めた世界共通のものですが、試合における“テニスのマナー”については個人の価値観によるところが大きく、認識も人それぞれだと感じます。一昔前のテニスは会員制クラブの中で先人から若人にテニスのマナーを伝承する機会があったり、社会全体が現在よりも『相手を敬う事』を大切にする風潮があった様に感じます。一方、現在のテニス界を見渡すと、様々な面で海外テニスの影響や勝利至上主義の競争社会、価値観の多様化によって、“テニスのマナー”を考える機会がどんどん少なくなっている様に感じます。

 

 

 

image

そこで今日の内容は“私個人の価値観”を中心に、試合中の場面で遭遇する『ここが変だよ、最近のテニス????』をいくつかご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

image

【その一】 相手サーブの明らかなフォルトはネットにかけようよ????

 

試合の中で、明らかなフォルトボールを返球する方がいますが、これはマナー違反です⚠️ 恐らく御本人はリターン練習を兼ねているのでしょうが、サーバーが2ndサーブの体制に入り難くなりますし、威嚇されている様な、気分の良いものではありません????

勿論ライン際の判定に迷うサーブを返球する事は構わないと思いますが、明らかなボールはネットへ、若しくは相手コートに返球してしまった際は「Sorry(御免さない)」と一言添える事をお勧めします✨

 

 

 

image

【その二】 ポイント間隔は速やかに、次のプレーに移ろうよ????

 

これは昨今のプロ選手の影響と思いますが、毎ポイントタオルで顔を拭う選手がいます。勿論ルール上ポイント間隔は20秒と定められており、その範囲内であれば問題無いと思いますが、特にリターンゲームではサーバーがポイントに入る際に敢えてタイミングを外したり、サーバーを焦らす事はマナー違反です⚠️ またダブルスも同様で、ペアとのコミュニケーションを短時間に行い、速やかに次のポイントに移る事が互いに気持ち良い試合の進め方です☝️

 

 

 

 

 

image

【その三】 テニスの試合は“喧嘩”じゃないよ????

 

これはジュニアを含めた若い選手に多い現象ですが、ポイントを取る毎に大きな雄叫びをあげたり、これ見よがしに相手選手に向けてガッツポーズをする選手がいます。試合中に闘志を燃やす事はとても大切な事ですが、向け先は“自分自身”であるべきです。テニスの試合はネットを挟んだ相手との喧嘩では無く、相手選手を尊重し敬意を払いながら進められるべきものだと思います☝️

 

 

 

 

image

【その四】 応援はナイスプレーに拍手でしょ????

 

どのレベルでもテニスの試合にとって観客は大きな役割を果たします。選手は観客が居る事で集中を高め普段以上の力を発揮するものです。特に観客が選手のご家族等の場合、応援に力が入ると思いますが、応援にも一定のマナーが必要です。特にテニスの場合、拍手が応援の唯一の手段である事が多いですが、その際に相手選手のイージーミスやダブルフォルトを除いたナイスプレーに拍手をする事が求められます。出来れば一方の選手だけで無く、互いのナイスプレーに拍手をする様な、広い心で観戦して頂けると尚良いと思います✨

 

 

 

 

image

【その五】 試合の最後は互いを称えてきちんと握手をしよ〜よ????

 

試合終了時、勝った選手は喜び、負けた選手は落胆するのが人間の自然な感情です。場合によって、負けた選手が落胆した感情をストレートに表現してしまう場合がありますが、相手の勝利を称えて笑顔で握手するが『Good   loser』たる姿です。また『負け ➡︎ 駄目』では無く『負け➡︎成長の糧(成功の一部)』と捉える考え方も大切だと思います。

その他、最近の傾向で握手をタッチで終える場面を見ますが、きちんとした握手で試合を終えて欲しいと思います☝️

※写真の錦織選手は敗れた際に必ず相手選手に「Good    mach』と伝えています。

 

 

 

 

 

imageimage

以上5項目をあげさせて頂きましたが、激しい競争の中に居る選手の心情を察したら綺麗事かも知れません。しかし、勝ち負けのみに固執してプレーするよりも、相手選手は勿論の事、周囲への配慮や“自分自身がどう見られているか”を意識してプレーする事で心に余裕が生まれ、気持ちの安定に繋がる事を経験上感じています。一番大切な事は“相手選手への敬意を持つ事”だと感じます。また数世紀に渡り世界中の多くの老若男女に愛される『テニス』の起源や歴史にも目を向け、テニスの良き伝統をこれから先に繋いで行く事も、今後テニスの発展を考えた時に必要不可欠な事であると感じます✋

 

 

 

 

 

それでは、皆さん

Have    a    nice     day    ????