ZIP大宮のブログ

おそとであそぼ〜????

2017年5月13日[研郎コーチ]

皆さん、こんにちは。研郎です????

 

 

先週の日曜日、月例のコーチ研修が行われ、河野フロントチーフがコーチとして『ジュニアレッスン』について担当してくれました❗️

 

 

 

その中で特に時間を割いた項目が『コーディネーション』について☝️

 

 

スポーツ界・テニス界では広く認知されている言葉ですが、馴染みの無い方に向けて簡単にご説明します????????

 

 

◼︎コーディネーション能力とは『自分の身体を巧みに動かす能力』の事でいわゆる『運動神経』の事✏️

 

【コーディネーション7つの能力】

① リズム能力・・・リズム感を養い、動くタイミングを上手くつかむ能力   例) スキップ

② バランス能力・・・バランスを保ち、崩れた姿勢を立て直す能力    例)片足立ち

③ 変換能力・・・状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える能力   例)ダッシュ&ストップ

④ 反応能力・・・合図に素早く反応し、適切に対応する能力    例) 短距離走のスタート

⑤ 連結能力・・・身体全体をスムーズに動かす能力   例)ボール投げ

⑥ 定位能力・・・動いている物と自分の位置関係を把握する能力    例) ボールキャッチ

⑦ 識別能力・・・道具やスポーツ用具などを上手に操作する能力   例)テニスのラケット操作

 

 

 

例えば初めてラケットを握る子供達がテニスをした際に、何も教えて無い段階で、器用なラケット操作でラリーが出来る子が居ます。そうした子はまさに『コーディネーション能力』の高い子供なんです☝️

 

 

 

ここからが大事 ☝️☝️☝️

 

 

では、『コーディネーション能力』を高める(運動神経を向上させる)にはどうしたら良いか⁉️

 

 

➡︎   中学生に上がるまでの年齢で外で沢山遊びましょう❗️

 

 

コーディネーション能力のもととなる人間の神経回路は5歳前後〜12歳前後くらいまでが大切と言われています(個人差もあります)。その段階で時間の許す限り、鬼ごっこ・木登り・キャッチボール  他  友達と外で遊ぶ事をお勧めします✨

 

 

昨今は、多種多様な習い事に通い時間が無かったり・防犯上の理由から外で遊ぶ事に制限があったり・スマホが普及していたり、子供達の置かれている環境は昔と比べて劇的に変化していると思います。中学生以降は学業、成人すれば仕事に割く時間が多くなりますが、小学生までは遊ぶ事に夢中になって欲しいと思います????

 

そして、外遊びを通してコーディネーション能力の向上に役立てましょう????????

 

自転車に乗る事を覚えてしまえばその後一生乗る事が出来る様に、コーディネーション能力も基本的には一生物です(加齢と共に衰える事はあります)✨

 

 

またジュニアレッスンの中でテニス以外の遊びの要素を取り入れる場面がありましたら『おっ、コーディネーション能力を向上させている時間だな☝️』とご理解頂けると幸いです????

 

 

 

では、最後にコーディネーション能力の高い小山内コーチのポケットキャッチをご覧下さい❗️

※⑥の定位能力です

 

trim.655F9965-2E52-440B-8CDD-0FE569937275(動画)

 

 

 

それでは、皆さん

Have    a    nice     day????