ZIP大宮のブログ

研郎の『テニスについて、涼しく語るぜよ ✨VOL.12 保護者向け編』

2017年9月16日[研郎コーチ]

皆さん、こんにちは。研郎です????

 

 

 

 

今シリーズも残り2回となりました????

 

今日はジュニアクラスに通うお子様の保護者向けの内容でお届けします✨

 

 

先日、担当させて頂いているジュニアのお母様から『子供のテニスを上達させたいのだけど、私はどの様に関わったら良いのでしょうか❓』

 

と、質問を受けました。因みにそのお母様はテニス未経験者です☝️

 

 

 

私自身、これまで多くの子供達のテニスに関わり、それと同時に多くの保護者とも関わらせて頂きました。その中の一つの答えとして、『子供のテニスの上達には保護者の関わりがとても大切』である事????

 

 

 

そして、メキメキと上達する子供達の保護者には共通した関わりをしている事を感じており、その中の項目を3つに絞ってお伝えします????

 

 

 

 

 

【保護者の関わり その一】 『褒める』

 

子供達が上達する一番大切な要素は『本人のやる気????』です。

勿論、運動能力やテニスに特化した素質があるに越した事はありませんが、長い目で見た時には『本人のやる気』が一番大切な要素だと感じています。そして子供達の『やる気』を高める効果的な方法は『褒める』事です。ハッキリ言ってテニスを初めて間もない頃は何をやっても『下手っぴ』です。

 

でもいいんです。

 

少しの変化に気付いてあげてレッスンが終わった後は『〇〇が上手になったね~』『頑張ったね~』と褒めてあげて下さい。きっと子供の『やる気スイッチ』がONになります❗️

 

そして、子供自身がテニスが好きになり『上手くなりたい』気持ちが高まれば、あとは練習頻度に比例して自然と上達します。

 

 

 

 

 

 

【保護者の関わり そのニ】 『環境作り』

 

子供自身がテニスが好きになるとテニスをする機会を増やす事を求めてくると思います❗️

今まで週一回1時間のレッスンだった事が「週2回やりたい????」だったり「日曜日にやりたい????」などなど。私自身はこのタイミングは『テニス上達に向けた絶好』の機会だと感じています。テニスを始めたきっかけは様々で、特に「何となく」や「保護者の薦め」でテニスをスタートした子供が、自らの意志で「もっとやりたい!」と言い出したら状況の許す範囲で応じてあげて欲しいと思います????

 

何故なら自分でやりたいと言った事には子供ながらに「責任感」を持つ事、また上記にも触れた通り『やる気????』に勝る上達の秘訣は無いからです。

 

※この時に注意する必要がある事は「子供が求めているかどうか⁉️」です。本人の意思とは無関係に『保護者のやらせたい気持ち』が先行してしまうとあまり良い結果を生みません。

 

 

 

 

 

 

【保護者の関わり その三】 『見守る』

 

子供がテニスが好きになり、自らの意志でテニスに取り組む様になったら、少しだけ離れた所で『見守る』事が大切です☝️

テニスに限らず子供の成長には『自立(自律)』が不可欠ですが、四六時中近くで見ているとついつい手や口を出し過ぎてしまうと思います。可能な範囲で本人が考える機会・本人が判断する機会・本人が失敗する機会(失敗から学ぶ機会)を与えて欲しいと思います????

 

テニスは判断力が重要なスポーツであるが故に『ある程度の自由を与えてあげる事』もテニスの成長には欠かせません????

 

そして、テニスが終わった後は子供の話を聞いてあげて下さい。きっと「今日は〇〇が出来たよ~」や「〇〇勝ったんだよ~」などなど得意げに話すと思います????

 

子供にとってお父さん、お母さんの存在は絶大です。保護者の承認がお子さんの頑張るエネルギーになります❗️

 

 

 

 

 

以上3点をお伝えしましたが、保護者の方にとって参考になる事があれば取り入れて頂けると幸いです。

 

 

 

 

テニスがご家族の絆を更に深めるツールとなる事を心から願っております????

 

 

 

 

来週の最終回は9/23(土)に因んだ内容でお伝えします。さてさて、何の日でしょ〜か⁉️

 

 

 

 

それでは、皆さん????

Have   a   nice   day????