ZIP大宮のブログ

Soul Food

2016年6月17日[相原コーチ]

こんにちは~~お待たせ致しました。(待っている方が何人いらっしゃるかわかりませんが。。。。。。(´;ω;`)ウゥゥ)金曜日のブログ男 じぇ~~ムス相原です。

本日、さいたま市北区宮原上空は気持ち良いぐらいの晴天となっており、気温がぐんぐんと上がっておりますが、、、、、がしか~~~し、ジップ大宮校が館内気温が一定に保たれており

もちろん太陽は関係ございませんので、紫外線はさようならでございます。今日もお客様の笑い声が響いておりまする。

さて、今日は私のソウルふぅ~どについてお話を致します。私は埼玉県にきわめて近い群馬県生まれです。子供のころより、食していた物と言えばこれです

ソールフードそう。焼きまんじゅうです。我慢できずに写真を撮る前に一つお口の中です。

米粉と小麦粉を練り合わせて、麹で発酵させて蒸します。その饅頭を竹串に刺して炭火(私の行っているお店)で焼き

黒砂糖や水あめで甘くした濃厚な味噌だれを刷毛で塗って焦げ目をつけます。通常1串4個付きで180円~200円ぐらいですかね!お店によって多少違いがありンス!

この二股フぉ~~く(右上にひっそりと写ってます)でまんじゅうのくっついている部分にぶっさし(群馬弁)1個づつ外して食します。

発祥のルーツや起源はいろいろ説はありますが、もともと、お酒を家庭で作っていたときの副産物なので、発明したとかではないと聞いたことがあります。

園内には大きく分けると3大~4大かな?地域があり、県北の沼田市・県中央の前橋市・そして県東の伊勢崎市・太田市です。

味も県北から下がってくるとだんだん薄くなってくるみたいですが、私の行っているお店は昔から濃厚です。

大体のお店は制覇しておりますが、私は地元の「助平屋饅頭総本舗」おしです。 読み方は 「スケベや」です。大声では言えないです。私の事?いやいや違います。ここです。

mannjixyuuyaki 2

昭和の民家風建物で落ち着きます。約91年の歴史があります。経営者が変わりましたが、屋号と味は昔と変わりません。

炭で焼くにおいがたまりません。この店は表面がカリッとしていて、(カリッとしない店は、「よく焼きにして」と頼みます。)口の周りはタレで汚すのがマナ~です。フフフフ!嘘です。

そうしなければ食べれないほど、タレが多くついてます。他の店はこんなについてません。焼きたては最高です。最近はあんこ入りとかマヨネーズかけとか邪道なもの?も出てきましたが、

皆様がもし食す機会がございましたら、私じぇ~ムス相原までおたずねください。群馬県中の焼きまんじゅう屋さんの案内と、もれなく長~~いうんちくを聞かせて差し上げます。

焼きまんじゅうの歴史とか、村おこしイベントとか、あまりにも長く本当はブログで書きたいのですがやめておきます。

この店は、家から歩いても行ける距離にありますので、帰ると必ず食べます。お茶飲み放題です。おいしゅうございました。

グダグダだから~~俺はたべないって・・・・・・いらないよ!焼きまんじゅう

最後までごらんいただき、ありがとうございました。また来週~~明日は研郎ヘッド