ZIP大宮のブログ

Sool Foodその3

2016年7月1日[相原コーチ]

お待たせいたしました。金曜日のブログ男じぇ~~~ムス相原でおます。今日は、昨日とは違い、あ、あ、暑い。が、しか~~し、先程外に出た後に戻ったらジップ大宮校の中は天国です。今日もお客様は気持ち良くボールをうたれてます。朝からお越しいただき、ありがとうございます。

さて、Sool Foodについて、書き始めたら、止められなくなり、段々と群馬の観光大使のようになってきましたが、何を言われてもかく!今日は、「キャベッジ」

群馬県の7月から10月までの夏秋キャベツ生産量は日本1位です。とりわけ母の実家のある嬬恋村は標高700~1400メートルの高原で一面キャベツ畑が続きます

8月から9月の最盛期には10万~20万ケース。年間1000万ケース全国各地に出荷されてます。15度から20度の生育気温に嬬恋村の6月~9月までの平均気温がぴったり

panorama4これは浅間山とキャベツ畑です。panorama8和名は「玉菜」(たまな)。高原キャベツは、シャッキリとした歯ごたえで生食に向いていますが、熱を通しても型崩れしないので、煮物や炒め物など・・・和洋中どのような料理にも良く合います。

例えばcabbage-top1これです。生で千切りにして食べると甘くて柔らかさが全然違います。知り合いのキャベツ農家の方にお願いして毎年きまった量を購入するぐらい、ウ、マ、シ!

是非、夏に嬬恋村に近くにおこしの際は、購入してみてください。近くに親戚の旅館も温泉ホテルもありますので、ご希望の方は言ってくださいね。

涼しい気候で帰るのが嫌になるくらい気持ち良いです。panorama3キャベツロ~~~~どがまっております。それではまた来週金曜日まで レッツびい~~~ポジティブゥ~~

明日は研郎ヘッド~~。