ZIP大宮のブログ

Blog Archives

親父の小言

世間では忘年会シーズン真っ盛り、いや、もう峠は越えましたかね。

皆さんの中には、天城越えくらいスケジュール的に厳しかった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

私は小峠くらいでしたが・・・。

 

そんな中、先日入った居酒屋さんのお手洗いに、こんなものが貼ってありました。

「親父の小言」

酔っ払いには項目が多すぎて、実は読み切れませんでした。

しかし、「親父の小言」という単語だけは、酔っぱらった自分の心に刺さりました。

 

これを見た途端、親父に殴られた時のことを思い出したからです。

 

十代後半くらいの時、あまりに勉強しなかった私に対して、小言を言った親父は「歯を食いしばれ!」って言って思い切り私を殴りました。

私は平気を装って「もういいのか?」と言って部屋を出ようとしたその瞬間、親父の鳴き声が聞こえてきたのです。

振り向くと親父は号泣していました。

急いで部屋を飛び出すと、私も涙が止まりません。号泣していました。

 

子供が大きくなってからは、月に1回くらい実家に帰って親父と酒を飲みました。

仕事の話をうれしそうに聞いてくれる親父の笑顔が、これを見て、蘇りました。

 

自分は自分の子供に小言を言っていたのだろうか?

年末年始に飲みながら聞いてみようって思う今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧にむせぶジップ

今朝、土呂駅から降りたら霧でした。

いつもの朝と違うちょっと不思議な雰囲気の中をジップへ向かいました。

すぐ近くまで来て「霧にむせぶジップ」を記念撮影。

そこで思い出しました。

学生時代、確か軽井沢で合宿していて、練習中に霧が発生したことがありました。

ベースライン同士でラリーをしていましたが、相手が霧で見えません。

それどころか、ネットから向こうが霧で全く見えず、真っ白。

そこから突然ボールが飛び出して来ます。

なかなかうまく打てず、みんなで大笑いしながら打っていました。

まるで違う競技をしているみたいだったのを覚えています。

何十年も前のそのシーンが今朝の霧で蘇り、懐かしい気持ちになりました。

ささやかな幸せ

スマホ画面を見た時、11:11や22:22だったら何だか幸せな気分になりますよね。
車を運転していてメーターを見た時、こうなってました。
ゾロ目、しかも「ゴー!」のオンパレード!
元気出せよ!って言われてるような感じがして、すぐに車を停めてパシャリ!
「ゴー!ゴー!ゴー!ゴー!ゴー!」
自分でコントロール出来ないものが、偶然綺麗に揃うだけで、ささやかな幸せを感じるこの単純な性格に感謝する今日この頃です。

新元号考えました!

11月も半ばを過ぎ、今年もあとわずかとなりました。

 

今年のトピックスは何といっても、

「平成」から「令和」に元号が変わったことではないでしょうか。

 

実はここだけの話なのですが・・・、

私も新元号をこっそり考えていました。

え?何て考えていたのかって?

それでは特別にお教えしましょう・・・。

 

それは「中学」。

「中学元年」の次の年は「中学2年」って、

耳慣れた感じが良くなくない?

 

「中学3年」、あ、また新元号を考えなきゃ!

「高校」で3年、「大学」で4年か6年。

 

そして次は「社会人」。

「社会人1年」、「社会人2年」ってこれなら最低でも30年位は大丈夫だよね。

 

4月から「社会人1年」の小坂コーチ!

 

 

皆様、どうか春の日差しのような暖かい目で見ていただけたら嬉しいです。

末永くよろしくお願いいたします!!

上をむいて歩こう

こんにちは!ジップテニスアリーナ大宮の鴻巣です。

たまに空を見上げると、ビックリするくらい綺麗な時があります。
そんな時はスマホで「パシャリ!」ってやってます。
たまたま今朝、土呂駅からジップへ歩いていて空を見たら、「スマホ保存合格レベル」の空でした。
パシャリ!

でも本当は写真など取らずに、空を見上げてそのまま頭をカラッポにして眺めていたいなあと思います。
今朝は出来なかったけど・・・。