ZIP大宮のブログ

9月 2021

ラケットチューニング

皆さん、おはようございます!こんにちは!こんばんは! ジップテニスアリーナ大宮の佐藤です😝

 

更なる技術向上のため、わたくし佐藤は道具に頼り始めました。

題にもあるようラケットをチューニングをして使用しています。

チューニングとはラケットに重りを付けたり、グリップの太さや材質を変えることで微調整を行うことです。

今回私が使ったのはこれ!!キモニ―リードテープ!

写真のように切って貼る鉛です。フレームの3時と9時に4gずつ付けました。

重りを付ける位置などで得られる恩恵は変わってきます。

➀スイングスピードが上がる

➁ラケット面が安定する

➂ラケットの操作性が上がる

主にこの3つでしょうかね。

ただ、正しい知識のもと行わなければ、かえってパフォーマンスの低下につながります。

興味のある方はぜひ調べてみてください。

ちなみに私はレザーグリップに変更、重り装着で市販品よりも約30gほど重くなっています(笑)

チューンアップしたラケットでまだまだパワーアップしていきます!

それではまた👋

 

宝の山

こんにちは、ジップテニスアリーナ大宮の疋田です!

先日必要なものを買いに100円均一に行ったらなんとミニアイロンビーズの六角プレートと丸プレートが販売されているではないですか!

そして蓄光やラメのアイロンビーズも販売しているなんて!

その他にもPUZZ BLOCKというかわいいものも売っていました!

100均、すごい!すごすぎる!

即買いしたのは言うまでもありません。

しいて言うなら黒と白のアイロンビーズを単色で売っていただけるとかなり助かるのにな。

100円均一は私にとって宝の山です!

また、今度完成品を投稿したいと思います!

作ってほしいものがありましたら声をかけていただければ作ってもらえるかも!?

次回の投稿もお楽しみに!!

読書をはじめました!

こんにちは!!ジップテニスアリーナ大宮の小坂です!

みなさんいかがお過ごしでしょうか。まだ昼間は暑いですが、朝や夜は涼しくなってきましたね!

私は今回、休みの日にはお家にいる時間が増えました。パズルなどをやっているのもいいですが、本を読むのもいいなと思いました。

そこで、先週お休みの時に本屋さんに行ってみました。本屋さんで何かいい本がないかと探していたところ、私が好きな嵐の本を見つけて三冊買ってしまいました!

字を読むのは苦手ではありますが、まずは好きな本から読んでいき、色んな本にも興味をもちたいと思います!!

三冊あるので、ゆっくりと読んでいきたいと思います!!

 

 

実るほど…

皆さん、こんにちは!!渡辺です(^_^)

皆さんは好きなことわざはありますか?

渡辺が好きなことわざは「実るほど頭を垂れる稲穂かな」です。

画像は埼玉県某所のお米です。

収穫を目前にかなり穂が垂れている様子が見て取れます。

テニスコーチは指導者としての立場もあり、謙虚な気持ちを忘れがちです…

渡辺はこれから先も謙虚な姿勢を忘れないようにしていきたいと思っております(´▽`)

質問コーナー

おはようございます。

ジップテニスアリーナ大宮の川田です。

「川田さんはなぜ管楽器を吹くようになったのですか?」という質問は誰からも受けておりませんが、お話ししましょう。

 

小学校の頃、ピアノの習っている友達がクラスに数名いました。

楽譜を読める友達は休み時間に鍵盤ハーモニカやリコーダーでドラゴンボールやドラゴンクエストの曲を得意気に演奏するのです。

それが、うらやましくて、うらやましくて、うらやましくて、

「楽譜読めるようになりたい!」「ガンダムの曲やりたい!」という想いが込み上げ音楽クラブの門を叩いたのです。

 

「川田君は男の子で背が高いからトランペットね」

先生のこのよく分からない理由が、私と管楽器の出会いとなったのです。

気づくとドハマりしており、休憩時間や放課後、音楽室の準備室に入り浸って1人で練習したものです。

そして、吹けるようになった曲が阪神タイガースのバース、真弓、岡田選手の応援歌と六甲おろし。

野球をやっていた友達からは毎日のように阪神の応援歌をリクエストされることに。

「キン肉マンの曲、吹きたいのに・・・」心でそう叫びました。

又、両親が巨人ファンだったので、余計な背徳感が。

 

ともあれ夢中になれるものを見つけられた私は幸せ者です。

今はなかなか楽器を吹くことはありませんが、いつかまたケースから出せるようにと楽器を拭いております。

 

さて、ジップテニスアリーナ大宮では次回インスタライブでコーチへの質問コーナーを設けます。

現在、フロント前に質問箱を設置しておりますので、聞きたいことを書いてくださいね。

お待ちしております。